アイケトニレの戯言

ジャガ丸の日記

ダメ人間寄りの男が、自分にしっくりくる生き方を模索する。 youtubeチャンネル開設しました。 チャンネル登録はこちら↓ http://www.youtube.com/channel/UCGyv2wz9JRyGK8o53hyj-AA?sub_confirmation=1

ニートひきこもりが陰キャ工場男子の1日という動画を見た。案外悪くない生き方だ

つい先日、何となくぼーっとyoutubeを見てたら、工場勤務の1日を紹介するといった動画を発見した。工場勤務と言うと、ほぼ単調な作業の繰り返しで、楽な仕事的なイメージが僕の中にはあった。ネットでの評判は、だいたいそんな感じだったからだ。

そこで、今回はその動画を見ていろいろと考えた事を記事にして行こうかと思います。

僕が見た動画というのは、下の動画です。
youtu.be

僕の感想

僕は、この動画を見て、案外こんな生き方も悪くないかなって思った。というのも、僕は現在ニートで、働かずに家にいる。アルバイトもした事がなく、特定の組織に属して、働くといった経験があまりない。そう言えば、中学、高校の時の職場体験というのはやった事があったっけか。話を戻すと、この動画では、朝会社にいって、夕方まで働いて、家に帰って、その後の空いた時間で、自分の好きなことをするといった生活が紹介されている。学校に通って、部活をして家に帰って、その後に自分の好きなことをするといった、学校時代の生活と似ているなと思った。会社の場合は、学校とは違って、おまけに給料も貰える訳だ。ニートで、言葉は少し悪いけど、穀潰しだとか言われて、いい歳して、働かずに親に養って貰って、そんな自分に何処か罪悪感を感じていて...なんていうまあ、お先真っ暗な暗い生活よりかは、そうやって、きっちり働いて、その空いた時間で、好きなことをするといった方が案外気が楽かもしれないと。現在ニートである僕は、そんな風に思った。

面白いこと言うなあこの人は

そう言えば、最近読んだ小説に出てくるキャラクターで面白い考え方をするなと思ったキャラがいた。
薬屋探偵妖綺談シリーズの中に出てくる、衒崎(てらさき)という名の刑事さんだ。
彼は小説の中で、こう言っている。

奇抜な発想や柔軟な頭脳を持った人間を羨ましく思った事はない、と言ったらそれは嘘だが、人は与えられたものを生かし、分相応の生き方をするのが幸せだ  高里椎奈金糸雀が啼く夜」講談社文庫より

と。なるほど、確かにそういう考え方も一理ある。

今はこんなダメダメな僕だけも、実はすごい何かしらの能力があって、いつか大金を稼いで金持ちになって、周りを度肝を抜かせてやるなんていう、野心があって、必死に努力するっていうのもいいけれど、
たとえ、いいとこ中小企業の歯車でしかなかったとしても、社会の中の歯車として、誰かの役に立つっていう生き方もありかなって。
前者の考えを持つ者を、上昇志向の、バリバリ意識高い系だとすれば、
後者の考えをの者は、意識高い系とでも言うのだろうか。
1つの主張があったかと思えば、それと全く正反対の主張をしている人がいたりして、世の中は、つくづくカオスだなって思う。

てきとうなまとめ

という訳で、なんか支離滅裂になって来たので、最後にまとめると、
世の中には、色んな考え方や生き方があって面白い。特に、誰かの文章や、本には、そう言った色んな思考が色濃く渦巻いる気がする。