アイケトニレの戯言

ジャガ丸の日記

ダメ人間寄りの男が、自分にしっくりくる生き方を模索する。 youtubeチャンネル開設しました。 チャンネル登録はこちら↓ http://www.youtube.com/channel/UCGyv2wz9JRyGK8o53hyj-AA?sub_confirmation=1

早起きは三文の徳って言うけどさ...三文って安いんだよね

f:id:mon0gusa:20190710095504p:plain
やぁ
よく「早起きは三文の徳」っていう言葉をよく聞く。早起きは、素晴らしんだぜって言うことを主張したい時などによく引用されるこの言葉。一見して、早起きする事はすごい得があるように聞こえる。だけど、ふと僕は思った。三文の徳の"三文"って安いよなと。これは、三文芝居という言葉からも明らかで、三文芝居というのは、要するに安っぽい下手な芝居といった意味だ。三文はどうやら安いという事がここから推測出来る訳だが、そもそも三文って現代のお金に換算するといくらなんだろうか。調べてみると、1文が12円。ということは、三文は36円*1うまい棒が3本しか買えない。やはり安い。どうやら元々は、早起きしても三文程度の得にしかならないといった意味だったそうだ。よく言い換えると、早起きすると、少しいい事があると言う感じか。最近の科学では、人間のタイプは夜型とか朝型、場合によってはもう少し細かく分けられるという。要するに人によって、適した活動時間が違うから、早起きは三文の徳とは必ずしも言えないんじゃない?みたいなことが言われている。
科学は、正しく測ったつもりでも、実はメモリを読み違えていてデータが間違っていたり、データ捏造が発覚したりと、実は間違っていましたなんて事もあったりする。一番有名なのは、天動説から地動説へのパラダイムシフトか。要するに、科学は、それが正しくない事が証明されるまでは正しい。って事になる。こういった事例から学べる教訓は、科学だからといって、何でもかんでも信じすぎるのも、ほどほどにといったところだろうか。確かに、「これは科学的に証明されている事実で」とか言われると妙に説得力あって、つい信じてしまうという気持ちもわかるのだけどw
ありゃりゃなんの話でしたっけ。そう、早起きは三文の徳は三文の得の話だった。

*1:文が使われてた江戸時代は、約260年も続いていて、その間に1文10~1000円の変動があったそうな。だから正確なところはわからない